山(やま)を這(は)う風(かぜ)と共(とも)に往(ゆ)く

遠(とお)き日々(ひび)の夢(ゆめ)の跡(あと)に

春(はる)時雨(しぐれ)ひたりひたり泣(な)く

憂(うれ)いを染(そ)め貴方(あなた)想(おも)う

二人(ふたり)きりの時(とき)を越(こ)え

心(こころ)偲(しの)ぶ あの声(こえ)は

ぽつりぽつり零(こぼ)れ散(ち)る

華(はな)のように

 

ひらひらと舞(ま)い落(お)ちて

紙吹雪(かみふぶき)まだらに

会(あ)えなくて 長(なが)い夜道(よみち) 月(つき)の影(かげ)に

ひらひらと舞(ま)い昇(のぼ)る

光(ひかり)へと重(かさ)ねた

貴方(あなた)への哀(あい)の唄(うた)よ咲(さ)いては燃(も)ゆ

わいや いえ いえいえ

薄(うす)もやに人(ひと)の姿(すがた)消(き)え

一人(ひとり)向(む)かう 銀(ぎん)世界(せかい)へ

ヤマドリは ほろりほろり 鳴(な)く

命(いのち)の芽(め)よ 貴女(あなた)を呼(よ)ぶ

古(ふる)き宿(やと)に 腰(こし)を据(す)え

明日(あす)を生(い)きる糧(かて)を追(お)う

ふわりふわり 懐(なつ)かしむ

華(はな)のように

 

ひらひらと乱(みだ)れ散(ち)る

薄紅(うすべに)の眺(なが)めに

去(さ)りし日(ひ)の別(わか)れ空(そら) 香(かお)り漂(ただよ)う

ひらひらと揺(ゆ)れる水面(みなも)

花(はな)びら浮(う)かべた

貴女(あなた)への哀(あい)は此処(ここ)で 日(ひ)の出(で)を待(ま)つ

眠(ねむ)り冬(ふゆ)を堪(こら)え

入(い)り江(え)飛(と)び渡(わた)る

胸(む)に咲(さ)かせたその華(はな)

貴女(あなた)の元(もど)へ

連(つ)れて

 

ひらひらと舞(ま)い落(お)ちて

紙吹雪(かみふぶき)まだらに

会(あ)えなくて 長(なが)い夜道(よみち) 月(つき)の影(かげ)に

ひらひらと舞(ま)い昇(のぼ)る

光(ひかり)へと重(かさ)ねた

貴方(あなた)への哀(あい)の唄(うた)よ 咲(さ)いては燃(も)ゆ

紅(あか)く乱(みだ)れて

華(はな)のように燃(も)ゆ

わいや いえ いえいえ

華(はな)のように 

哀(あい)の唄(うた)

咲(さ)き乱(みだ)れ 

アイノハナ

 

 

 

 

 

熊 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()