ぱっとこぼした種(たね)はさっと紛(まぎ)れた

染(し)み付(つ)いた色(いろ)を辿(たど)り見(み)守(ま)ろう

直(す)ぐまたこの掌(てのひら)に戻(もど)ってきた

昇(のぼ)るのにはこのままじゃ軽(かる)すぎて頼(たよ)りない

世界(せかい)は冷(つめ)たい熱(ねつ)を奪(うば)ってく

眩(まぶ)しい日差(ひざ)しじゃ足(た)りない

触(ふ)れた想(おも)い出(で)が先(さき)を閉(と)ざしてく

その体温(たいおん)振(ふ)り払(はら)って遠(よお)くまで

枯(か)らせば一瞬(いっしゅん)で済(す)むのに

期待(きたい)が離(はな)れない

 

すっと並(なら)べたチープな脳裏(のうり)の情景(じょうけい)

どうせ忘(わす)れてたことさえ忘(わす)れ

書(か)き記(しる)すもう見返(みかえ)すことない場所(ばしょ)                                

それでもここにいたのを誰(だれ)かに知(し)ってほしい

フィクション疑(うたが)って周(まわ)り見渡(みわた)した

言(い)い訳(わけ)は一人(ひとり)じゃ意味(いみ)ない

あの日(ひ)隣(となり)で一緒(いっしょ)に笑(わら)えた

青(あお)い時(とき)の感覚(かんかく)はリアルで

戻(もど)れない選択(せんたく)が象(かたど)った

もしもがちらついた

精査(せいさ)して捨(す)てた曖昧(あいまい)で成(な)り立(た)った世界(せかい)は

どうしようもないくらい根(ね)付(つ)いていた

世界(せかい)は冷(つめ)たい熱(ねつ)を奪(うば)ってく

眩(まぶ)しい日差(ひざ)しじゃ足(た)りない

触(ふ)れた想(おも)い出(で)が先(さき)を閉(と)ざしてく

その体温(たいおん)振(ふ)り払(はら)って遠(とお)くまで

フィクション疑(うたが)って周(まわ)り見渡(みわた)した

言(い)い訳(わけ)は一人(ひとり)じゃ話(はな)せない

あの日(ひ)隣(となり)で一緒(いっしょ)に笑(わら)えた

青(あお)い時(とき)の感覚(かんかく)はリアルで

戻(もど)れない選択(せんたく)が象(かたど)った

もしもが始(はじ)まった

 

 

 

 

熊 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()